×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夢の物語は何時になるだろう

運命の泉
(左手の小指の赤い感覚器官と羽衣)

序章

 

        運命の泉(左手の小指の赤い感覚器官と羽衣)

 

序章


 
遠い、遠い過去には、赤い感覚器官と背中に蜉蝣(カゲロウ)の羽を持つ種族がいた。

それは、七千五百万年に遡る。その時代の地球には月(衛星)が無い為に、地球の重力が今の十分の一しかなかったのだ。

その理由で、現代でも謎の一つとして述べられる。時より、化石などでしか発掘されない巨大な生物の世界だったのだ。

だが、月が天文学的な確立で偶然に地球の衛星になったのではなく、ある銀河の惑星の衛星だったのを長い宇宙の旅ができるように造り替えて地球に向ったのだ。

それでも、月は、単なる宇宙を移動する宇宙船ではなく、聖書に書かれている箱舟だった。
なぜ、それほどまで大掛かりなことをしたかと言うと、子を思う親の気持ちだったのだ。

まだ、普通の親と子なら何も問題はなかっただろうが、王家の血筋では障害者では許されなかった。

それでも、王家の血筋では権力を得ようとする者達に祭り上げられる可能性があり。

父親でもある王は、血の涙が流れるほどの悲しみに耐えて、仕方なく、ある星(地球)に赴任させたのだが、星を箱舟にするほどの科学技術がある文明でも、その星を観測するのが精一杯の遠い、遠い星だった。

それでも、無事に到着するのだ。

そして、第二の故郷として繁栄を謳歌していたが、その星だけでは足りずに、一族の象徴として保存していた月を船から人が住める星に造り替えたことで、ますますと、謳歌するが、衰退は必ず来るのだ。

その時、子孫を残せなくなってきたことで、地球に様々な生息していた生物の遺伝子を使用して擬人を創り出して、様々な産業の担い手に、人によっては、愛玩動物(特に猿の遺伝子を持つ人)とする者もいた。

だが、神をも恐れる禁忌の所業のためだろうか、種の限界なのか、地球の環境に体などが適さなくなったのだ。

そのために、地球と月を捨てる考えになるのだが、その時の様々方法の一つで、他次元に逃げる馬鹿げた手段を実行する者達がいたのだ。

その時のエネルギーに利用されたのが月の地表だった。

重さに比例して他次元の扉が開くのが発見されたのだが、利用方法に失敗したことで月は次元の底に落ちた。

だが、何時の時代の月なのか分からない。

そこでは、無数の地球がある多重次元世界が存在した。

だが、不思議なことに月は一つしかなかった。その不具合からなのか、月人には、左手の小指に赤い感覚器官(赤い糸)と背中に蜉蝣の羽(羽衣)があり。
子孫を残す方法も変わっていた。

それは、赤い感覚器官の導きが示す。

運命の異性だけしか子孫を残せないのだ。

それほど過酷な運命のために、赤い感覚器官は、赤い糸とも言われ、伸び縮みして剣や槍になるだけでなく拳銃の弾まで弾く事ができた。

もう一つある。

蜉蝣の羽は、羽衣と言われ、空を飛ぶだけでなく、他次元にも過去や未来に飛ぶ事もできたのだ。

それから、長い時間が流れ、その種族が、擬人の助けや擬人の敵などになる。

そんな、様々の出来事も、神話として微かに残るだけになった。

その地名を現代で、例えるのなら、現代では有名な名称の遺跡がある。

青森、北海道王朝であり。
連携都市が、岩手、秋田、宮城含めた所だったのだ。

そして、現代では、まだ、発掘されていないが、一万年以上も前から存在する。
この一帯の国の発祥地の遺跡は宮城にあったのだ。



「運命の泉」  
(左手の小指の赤い感覚器官と羽衣)各章・・・・・・。

                                                      

夢の物語は何時になるだろう。