×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

探偵見習いと化け猫」各章・・・・・。 」

第一章

 化け猫の楽しかった思い出。それは、千年も前の事だった。

 二人の男女と一匹の獣の子供は満天の星空を見る事も、はっきりと見える綺麗な満月を見る事も無く、焚き火の火を見つめていた。旅で歩き疲れたのだろうか、それにしては傷の手当てした包帯が多い。それに、包帯が新しく血が滲んでいる。まるで、今手当てをしたようだ。それだから、連れの傷の具合が心配なのだろうか、それとも、痛みを感じて、その痛みを紛らわせる為だろうか、女性は男性に話を掛けた。

「ねえ、鏡、今度は西なの、それとも東、何処に向かうの。私、西に戻って都を見物したいわ。通り過ぎるだけで、何処も寄り道もしなかったからね。思い出に残る物を目に焼き付けたいの。ねえ、鏡、いいでしょう」

「そうか、う〜ん」

 鏡は腕を組んで考えた。

「そうしましょう」

「なら、天猫、お前は何処に行きたい?」

「天はね。余り人が多い所は行きたくないなあ。化け猫扱いされるしね。でも、鏡兄ちゃんと静お姉ちゃんが一緒なら何処に行っても楽しいから、でも、どうしてもって言うなら北がいいかな、僻地で人が住んで居なそうだしね」

 この者達は、先史文明の最後の生き残りだろう。だが、純血で無く、この地に適応するように遺伝子操作された者だろう。それでも、元の支配者だった者だ。そして、祖先から代々退治屋をしていた。まあ、現代風に言うなら探偵であり、何でも屋だ。だが、好んで退治屋をしていたのでは無い。それは、先史文明が存在していた過去にあった。出産率が低下し続け、もう種族と名のれない程まで人口が減った。その時だ。心の安らぎや全ての職業の担い手を得る為に様々な動物の遺伝子を使い、擬人を造った。それから時が流れるにしたがい、猿の遺伝子で造られた擬人だけが増え続けた。心の安らぎの為だけに造られたからだろうか、それとも、本当の自分達の子、子孫と思ったからだろう。猿の擬人に、この地上の支配権を快く明け渡した。そして、又、長い時が流れ、先史文明が在った事も、自分達と同じように造られたはずの擬人の事も忘れてしまった。それだけで無く、他の擬人を化け物と呼び恐れた。恐れたが何も出来ず逃げ回るだけだった。その様子を見かねて、先史文明の元々の地上の支配者だった者達は、退治屋として猿の遺伝子がある者を守る事を考え行動する事を決めた。それから長い時が流れ、元々の支配者の子孫は何故、擬人を倒さなければならないのか、そして、自分達の故郷は何処なのか、と全ての答えを知りたくて旅を続けていた。

「そうか、なら南に行こう」

「きょ〜う、それは、何なのよ。誰の意見も聞かないって、どう言う事なのよ」

「何となくなぁ」

「何となく、それは、理由になって無いでしょう」

「理由はあるぞ」

「何なのよ。言ってみなさい」

「天猫が行きたくない方向には、何かあるって事だろう。動物の感を信じなくてはなぁ」

「まあ、南に行くなら、天と話が出来そうね。南でいいわ」

「ありがとう。静お姉ちゃん」

「天は悪くないからね。鏡が期待をもたらせるから悪いの。気分が悪いから、先に寝るわ」

 そうつぶやくと、静は横になった。

「おやすみ、静お姉ちゃん」

「あっ、天、鏡が変な気持ちを考えそうだから、見張っていてね」

「うん、大丈夫だよ。見張っているから安心していいよ」

「天、そんな馬鹿、相手しなくていいぞ」

 静は疲れているのだろう。横なると直ぐに寝てしまったようだ。もし、起きているのだったら苦情を言ったはず。それも、言葉でなく平手打ちくらいしたはずだ。

「静、寝たのか。そうだな、今日の獣は手強かったからな、ありがとうなぁ。おやすみ」

 その言葉を聞き、天は言葉を無くした。戦いの時、恐い思いをしたのか、それとも、戦っている時に足を引っ張ったのだろう。それでも、ひと声だけ、泣き声を上げた。恐らく、ごめん、と謝ったのだろう。そう思えた。

「天も、頑張ってくれたな、これからも頼むぞ」

 また、天猫は小声で鳴いた。人の言葉を話せるはずだが、難しい言葉は話せ無いのだろうか、それとも、感情が高ぶると獣の言葉になるに違いない。

「如何した。可愛い鳴き声を上げて、寒いのか、それなら、私の膝の上に来るか?」

「うん、膝の上に乗る」

「いい子だ。いい子だ」

 鏡は、天猫が膝の上に来ると体を撫で回した。すると、天猫は気持ちいいのだろう。目を閉じ、猫の様にゴロゴロと喉を鳴らしていた。

「天、て〜ん」

(鏡兄ちゃんが呼んでいる。ああ、あのまま気持ち良くて寝ちゃったのか?)

 もう今は膝の上で無く、鏡の上着の上で寝ていた。熟睡していると思い、鏡が上着の上に寝かせたのだろう。

「ガチャガチャ」

(何か音がする。何だろう。ああ、刀や武具を身に着けている音だ。ああまだ眠いなぁ。でも起きなければ駄目だ)

 眠そうにうっすらと目を開けた。やはり鏡と静は武具を身に付け、そして、焚き火の火を消していた。直ぐにでも出掛けるのだろう。

「天、て〜ん、て〜ん」

 主人の鏡が、声を上げているが、何か変と感じた。怪我が治っているのも変だが、身に着けている武具が多い。記憶では、確か、長旅になるから鏡は長剣だけ、静は短剣と弓矢だけのはず、なのに、重装備だった。

「天、て〜ん」

 また、声が聞こえ、今度はハッキリと目を覚まし、主を見つめた。そして、

「うわあああ」

 驚きの声を上げた。それは驚くはずだ。鏡が二人居るのだから、片方は静の隣で笑みを浮かべながら手を振っている。何故か声が聞こえ無いが、「出掛けるからおいで」そう言っているのだろう。もう片方は宙に浮いて笑っているが、ハッキリと言葉が分かる。

「やっと気が付いてくれたか、それにしても夢を見るなら、彼女とかの楽しい思い出が無いのか、私達の事を思い出してくれて嬉しいが、千年も生きてきて楽しい思い出が、私達では素直に喜べないぞ」

「えっ、ええ、千年?」

 天猫は意味が分からず問い掛けた。

「自分の姿を見てみろ、念願の立派な大人の獣になっているぞ」

 その言葉を聞くと子猫だった姿が、みるみると大きくなり、巨大な牙が生え、ライオンの様なたてがみが生えてきた。どう見ても子猫にも普通の生き物にも見えない。誰が見ても化け物と思い逃げ出すはずだろう。それほど、恐ろしい年老いた獣に変わった。

「あっ本当だ。強そうだ。これなら、鏡兄ちゃんと静お姉ちゃんと一緒に戦えそうだ」

 自分の姿を上から見ているのに、天猫は不思議に思ってないようだ。

「それでだ。助けて欲しくて頼みに来た。他に頼める者が居ない。聞いてくれないか?」

「いいよ。今の姿なら何でも出来そうだ。前の様に助けてもらうような足手まといで無いから、安心して何でもするよ。でも静お姉ちゃんは如何したの?」

「静なら今も近くに一緒に居るぞ。その事は話が長くなるから今度ゆっくり話しをするよ」

「うん、いいよ。それで、助けて欲しい事って何かな?」

「詳しい事は会ってから話をする。まずは、山田 海と言う男の所に来てくれ、住所などを言っても分から無いだろうから、私の気をたどって来てくれ、今は、その男の守護霊として体の中に居る」

「そうなんだ」

「目覚めるまで、楽しい夢の続きを楽しんでくれ、いろいろ忙しくなると思うからな」

 その言葉を聞き終わると、天猫は目を覚ました。そして、大きな欠伸の後、手足を大きく伸ばし、まるで、長い眠りの為に使わなかった感覚を取り戻そうとしているようだ。

「スンスン、スンスン」

 真っ暗な洞窟の中だから臭いを嗅いで、出口を探そうとしているのだろうか、何度も何度も円を描くように臭いを嗅いだ。そして、主が居る方向が分かったのだろうか、それとも出口の方向が分かったのだろうか、そして、笑みのような表情を浮かべた。人なら満面の笑みだ。最後と思える擬人を倒す時に、共に擬人と時の狭間に落ちてしまった。その主人を千年も待ち続け、そして、夢に現れてくれたのだ。それだけでなく、念願だった主の力になれる喜びが表情に表れたのだろう。

「シャアア」

 洞窟から出ると、天猫は声を上げた。千年も生きてきた老猫だから気持ちを引き締めようとしたのか、それとも、残りの命を主の為に使う。そう決めた意気込みだろう。

「グルルル。ヴァルル」

 また、今度は、何か呪文のように思える声を上げた。すると、子猫としか見えない姿に変わり、歩き出した。

     「探偵見習いと化け猫」各章・・・・・。 」